新元号

預かりの子どもたちがTVの前に集まってきました。

今日は元号が発表になります!

なのはな組の子どもたちは漢字の意味を調べたり、

自分の好きな漢字を使って、元号予想をしていました。

『月玉』つきたま~綺麗な日本になりますように!

『朋三』ともぞう~たくさんのお友だちと過ごせる

ように!

『陽邑』ようさと~明るくて優しい日本になるように!

いろいろと面白い『新元号はこれだ!』がありました。

当たるといいなあ~

今か今かと・・・

あっ!令和!

なのはなくみの予想は?

『玲聞』~れいぶん 優しい声を聞く日本になりますように!

同じのはないけれど、玲聞!これが一番近い感じだねっ。

そんな声も聴かれました。

令和は日本最古の歌集『万葉集』梅花より出典された

ようです。

梅の花のように一人ひとりの日本人が明日への希望と

ともに、それぞれの花を大きく咲かせることが出来る、

そうした日本でありたいという願いがこめられている

そうです。(首相は人々が美しく心を寄せ合う中で、

文化が生まれ育つという願いを話されました。)

それにも負けない天使の子どもたちの元号!

これからの新しい時代を生きていく子どもたちの思いは

今日のこの瞬間を肌で感じてくれたことでしょう。

5月1日新しい時代が始まります。

梅の花のように大きく花咲かす子どもたちの時代です。