天使幼稚園の誕生会

大人から子どもまで、誰にでもある“誕生日”。

さて、皆さんは自分の生まれた日のことを覚えていますか?・・・さすがに覚えてはいないでしょうか。
それでは、お父さんやお母さんにどんな日だったか聞いたことはありますか?

幼稚園の子ども達が迎えるのは、4歳・5歳・6歳の誕生日。

天使幼稚園では、一人ひとりの誕生日をとても大切にしています。
誕生当日をクラスで祝う誕生日会と、誕生月を迎えた子ども達を皆で祝う月々の誕生会の2回があります。

クラスでの誕生日会では「○歳の時にはね…」などと振り返りながら年齢の数だけろうそくを灯してお祝いします。
皆から歌と言葉のプレゼント・・・誕生児の瞳はキラキラと輝きます。

月々の誕生会は教会で行います。誕生月を迎えたお子さんの保護者の方にも来ていただき、誕生を神様に感謝し祝福していただきます。
教会のお祝いの後は各教室に入り、誕生児へインタビューしたり、保護者の方にも『名前の由来』をお話ししていただきます。最後に皆でおやつを食べます。

このように天使幼稚園の園児さんは幼稚園で2回のお祝いをします。そして、お家での誕生会はケーキも食べるのでしょうか…何度あっても嬉しい誕生日。
いくつになってもお祝いしてもらうのって嬉しいですね。

Read Users' Comments (0)

クラス対抗ゲーム大会!!

今日はクラス対抗“魚釣りリレー”を行いました!

実はこの魚釣り、運動会の時に保護者競技で行ったものなのです。
保護者の方が頑張って走る姿をしっかりと応援しながら見ていた子どもたち。

「お父さんが走ったやつだ!」
「やったー!」と大興奮でした!!

釣り竿にぶら下がった魚やイカを落とさずに運び、次の人へと繋げていくリレー方式のゲームです。

クラス対抗ということで、子どもたちはやる気満々!!
落とさないように慎重に渡す人、同じクラスの人を大きな声で応援する人。

また、5月の遠足で行った“フープくぐり”もクラス対抗で行い、大盛り上がり!!

クラスの絆が深まった素敵な時間となりました。

Read Users' Comments (0)

天使幼稚園大運動会!!

おとといあたりから、予報では雨マークもでていた今日の天気。
朝の空の色を見て「よし、できる!」。曇り空ではあるけれど、暑すぎず寒すぎず埃もたたない・・・まさに運動会日和じゃないか!曇り空の運動会もなかなかいいものです。

8時40分開会式。いよいよ待ちに待った運動会がスタートしました。

プログラム1番は年長児による組体操。協力し合って様々な“型”を作ります。
実は年長さんたち、初めはこの組体操を苦手としていた人たちが多くいました。理由はズバリ「出来ない」。
協力し合うことの難しさを感じながらも、日々の活動を通して一人ひとりが担っていることの喜びや面白みもしっかりと味わうことが出来たようです。素晴らしかった!!

年中児の喜々として遊戯や障害物競走を頑張っていました。特に遊戯では隊形変化は年中児には難しい課題ですが、それぞれが自分の場所・自分の隣りの人を意識しながら取り組んでいました。

年少さんや満3歳児さんの中には親子で登園していながらお父さんお母さんと離れてしまうことが嫌で朝のうち泣いている人もいましたが、プログラム4番の遊戯では、みんなしっかり踊っていました。お見事です!

いつも思うこと・・・天使の子どもたちは“土壇場に強い”。そんなふうに思えるほど、子どもたちはいつもいつも「ここぞ」という時に良い力を見せてくれます!

また、エンジェルクラブ親子さんの可愛いお遊戯、事前に一度しか踊っていないとは思えないほど息もぴったり!上手でしたね。
祖父母競技・保護者競技・未就園児種目へのご参加、お手伝いのお父様お母様、温かい応援、後片付けまで・・・良い一日を一緒につくってくださってありがとうございました。

後片付け中、ポツリポツリ。雨も幼稚園の運動会が終わるまで待ってくれていたようですね。

Read Users' Comments (0)

運動会総練習をしたよ!

昨夜の雨で心配された総練習ですが、午前中は天気にも恵まれ、無事行うことができました。

登園した子ども達は「今日運動会だね!」と今日の活動をとても楽しみにしていました。
他の学年の競技を応援したり、また、自分の競技を見てもらったりと良い一日になりました。

帰りの会で「18日の運動会は、おうちの人も見に来て、もっともっと楽しいよ!」という教師の言葉を聞いた子ども達は、満面の笑みでやる気も十分。

6月18日も晴れますように!

Read Users' Comments (0)

田植え体験 ~年長児~

岩見沢市内の水田で 年長児が田植え体験を行うようになって 3年目。
 今回も 聖十字幼稚園の年長児さんと一緒に 田植えをしました。

年長児が、着替えを持ってバスに乗り込みます。
行き先は“ 幌向の田んぼ ”。現地へ着くと農家の方たちが迎えてくださいました。「よろしくお願いします!」元気よく挨拶する子ども達。

さっそく田んぼに入る!はずが・・・大きな“どろんこ”を前に子ども達の一歩がなかなか出ません。
おそるおそる足を踏み入れた途端、「わぁ~」とあちこちから歓声が聞こえました。田んぼのぬるぬるとした感触に心地よさを感じたのでしょう。
一歩入ってしまえば なんのその! 苗をどんどん植えました。

歩きづらい田んぼの中を 子ども達は上手に歩きます。次から次へと苗を受けとっては 植えていき、あっという間に 苗いっぱいの田んぼになりました。

田植えの“おまけ”で、田んぼの中でかえるを見つけたりアメンボを見つけたり・・・終った後の子ども達のお尻は泥だらけ!!尻もちをついた姿が目に浮かびます。

今年もまた子ども達に貴重な体験をさせていただいたことに感謝致します。
そして、秋の稲刈りが今から楽しみです!!

Read Users' Comments (0)