きゃっほう~!寒さも吹き飛ぶ“雪遊び”

 昨年の今頃よりもたくさんの雪に恵まれ、園庭の雪山はだんだん大きくなって、面白みもどんどん膨らんでいます。

「お外寒いから、ヤダ」とか「寒いから外に行かない」という子どもたちが、どのようにしたら雪遊びの魅力と出会えるようになるか・・・?ということが課題になった時期もありました。

けれども、雪遊びを始めるとどの人も夢中で遊び始めます。(中には、靴カバーを着けるのが難しくて、出来なかったらどうしようという心配から、外に出なかった人もいたようです・・・靴カバーを自分で出来るようになったことで、外に出るのが楽しみに)

先週は、エンジェルクラブ(親子サークル)のメンバー達も雪山の魅力にとりつかれ(?)何度も何度も坂を滑り降りていました。

寒い時期、とかく運動不足になりがちですが、皆様も思い切って外に飛び出し、雪と戯れてみませんか!? “気分爽快!!”のオマケ付。

Read Users' Comments (0)

3学期が始まりました

 久しぶりの顔・顔・顔・・・

「げんきだった?」ウン
「あかちゃん生まれたよ!」ワー、よかったねえ。名前はなんていうの?
「ちょっと大きくなったみたい」ニッコリ
「あのとき、○○(スーパー名)であったもんね」ウン
玄関先では「アノネ」が溢れて、情報交換も盛んです。

子どもたちは、どの人もちょっぴり大きくなったみたいです。

2学期の終わり頃までは靴カバーを下げるのが出来なくて諦め気分でいた人が、カバーに手をかけている!?(感動)
2学期の終わり頃までは年上の人が言うまで朝の挨拶の声が出なかった人が、年上の人の声を待たないで「オハヨウゴザイマス」(感動)
2学期の終わり頃までは出席シールを貼る所を見つけても自信なさ気だった人が、「ココでしょ」と語尾がしっかりしている!(感動)

子どもたちの心身の成長はなんて素晴らしいのでしょう。

この子どもたちとまた3学期の日々を作り上げていけることに楽しみな気持ちいっぱいのてんし幼稚園です。

Read Users' Comments (0)

寒さに負けない!冬の親子わくわくらんど

 日中の最高気温がマイナス4℃という冬本番の日、賑やかに親子が集まりました。

コーナーは4つ
1.ダンスコーナー
のびのびフィットネスダンスのいたばし先生も応援に駆けつけて下さいました。親子一緒に体を動かした後は、子どもチームと親チームに分かれてダンスのお稽古。
そうして、ひそかに練習したダンス発表会。
なかなかの出来ばえに、大きな拍手!!
2.雪中運動会コーナー
夜の間に積もったやわらかい雪の中には“タカラモノ”・・・
あちこちの穴から出てきたものは『みかん』(雪玉が入っている穴もありましたが)
その後、雪積み競争や山からお尻滑りをするなどして楽しみました。
3.お正月遊びコーナー
既製品ではなく世界でたった一つの“かるた”と“すごろく”を作って遊びました。
絵札を描くのは子ども、その絵を見て字札を書くのは親。絶妙のコンビネーションで素敵なかるたの出来上がり!
かるた遊びでは、子どもの方が沢山取れて大喜びでした。
4.積み木コーナー
様々な形と大きさと色の積み木を使って、親子で何を作ろうかな?
想像力を必要とするこのコーナー、あれこれ作るうちに「何だかこんなのできちゃった」
もう終わり、という頃になって自分の作りたいものが決まった人も・・・

コーナー遊びが終わった後は、ペッタンペッタンお餅つき。
おいしいお餅をおしるこかみたらしで頂きま~す!

寒さを吹き飛ばすくらい、楽しかったね。

Read Users' Comments (0)


 雪遊びもいいけれど、「やっぱりお話もだ~い好き!」な子どもたち。
今日は栗沢町にある『来夢21』に出かけてきました。

ここには、子どもから大人までゆっくりと楽しめる本の部屋が設置されています。
沢山の絵本や紙芝居に大喜びの子どもたちは、早速、読みたい絵本に手を伸ばしたり、紙芝居を何人かで見てみたりとすっかり夢中の様子。

それぞれが楽しんだ後、司書の方が子どもたちに絵本の読みきかせをして下さいました。

自分で読んだり見たりするのも楽しいけれど、誰かが読んでくれる絵本や紙芝居ってどうしてこんなに魅力的なのでしょう!!
子どもたちの目は絵本に釘付け、心はすっかり物語の世界に入ってしまいました。
こうして、素敵な時間が流れて、子どもたちは大満足。

読みきかせをして下さった司書の方、そして、親切にして下さった職員の皆様、どうもありがとうございました。

Read Users' Comments (0)

2008年の幕開けです!

皆様、新年明けましておめでとうございます!!

昨年は、私たちの“てんしワールド”を大変かわいがって下さり、どうもありがとうございました。
今年一年が、皆様にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます。

2008年・・・

地球温暖化による環境破壊、様々な病気の流行もさることながら、人が人を信じられなくなるという『サビシサ』の大波が何度も襲ってくる日々ではありますが、その波にのまれてしまわぬよう・・・、けれども、もし波をかぶったとしても再び浮き上がる逞しさを身につけたいものです。

岩見沢てんし幼稚園は、『今』を生きている子どもたちから“ひたむきに生きる素晴らしい姿勢”を学びつつ、一人ひとりが掛け替えのない存在としてイキイキと生き、人間として互いを尊敬し合う地球社会の実現を願って、今年も積極的にチャレンジする一年にしたい、と年頭に当たって決意を新たにしています。

それでは、皆様、本年も“てんしワールド”と“岩見沢てんし幼稚園”を宜しくお願い申し上げます。

Read Users' Comments (0)