冬も楽しい “ちらいおつ遊び塾”

例年より早くやってきた雪・・・
ここ“ちらいおつ遊び塾”も、タップリの雪に覆われました。

そこで!冬ならではの遊びを満喫してみたいと思いま~す。
屋外では、もちろん雪遊び!なのですが、違った魅力も御紹介。

闇に輝くスノーランタンで、ちらいおつが暖かく照らし出された夜・・・。
冬至の日、『地球を愛する会@月形』と空知支庁の主催で100万人のキャンドルナイトが催されました。
本園職員も参加し、一升瓶を立てたバケツに無心になって雪を詰め込む。瓶を抜いてバケツを雪の上にひっくり返し、その中にローソクを入れて火を灯すと出来上がり。
初体験にウキウキの職員。気付くと周りの参加者は既に室内へ・・・。
なかなか良い時間を過ごせました。

室内では、魅力的な木のおもちゃが一つ、また一つと増えていて、子どもだけでなく、大人も夢中になること間違いなし!
広いホールでは、綱引きだって、跳び箱だって、長縄跳びだって出来て、寒い冬を忘れてしまいそうな楽しさです。

冬休み期間中、預かり保育申込者が遊びに行くこともありますが、ご家族やお友達のグループでもご利用できる場所ですので、一度遊びに出かけてみませんか?

Read Users' Comments (0)

クリスマスには やっぱり 手作りクッキー! 

本当のクリスマスまであと6日。
てんし幼稚園のクリスマスの準備は、4週間前からスタートしました。

子どもたちは、赤ちゃんイエス様が喜んで下さるようにと、お祈り、我慢、親切、お手伝いに、毎日励んで来ました。

特に、イエス様はかくれんぼが好きだから、誰も見ていなくても良い方を選んで実行することの『尊さ』と『楽しさ』が少しでも味わえたらと願いながら過ごして来たのでした。

また、園児の家庭では、困っている人たちに少しでもお手伝いしたい気持ちから、クリスマスに献金するお金を貯めてきました。

16日(日)には、聖劇(イエス・キリストの生誕劇)でイエス様のお誕生をお祝いする『クリスマスお喜び会』を行いました。全園児それぞれが主役の素晴らしい発表で、世界に平和のメッセージを響かせました。

そして、今日、クッキーの型抜きと飾りつけを行いました。クリスマスのお祝いにクッキーパーティーをしようというもの。
オーブンから甘くてよい匂いが漂い始めると、「早く食べた~い」の声が・・・

パーティーは明日の20日。子どもたちは、楽しみに待ちます。
きっと今夜は、明日の朝を楽しみに眠りにつくことでしょう。

Read Users' Comments (0)

2007マリンバコンサート in てんし幼稚園

今年もマリンバコンサートがやって来ました。
17回目となるこのコンサートに、初めてアンサンブルでの演奏が実現しました!

コンサートでは、2台それぞれのマリンバが奏でる音色とピアノ伴奏が息もピッタリで、とても素晴らしい音楽の世界が繰り広げられたのでした。

プログラムは次の通り・・・
1.アメリカンパトロール
2.アイネクライネナハトムジーク
3.ティコティコ
4.あわてんぼうのサンタクロース
5.グローリア

途中、演奏者の方からマリンバの紹介があり、子どもたちは普段余り目にすることのない楽器との出会いを喜びました。

また、子どもたちの出番もありました。曲に合わせて打楽器や手を打ち鳴らしたり、一緒に歌ったりすることも出来て、とても楽しいコンサートになりました。

素敵な演奏者の皆様に感謝!!

Read Users' Comments (0)

“ちらいおつ”に行って、みんなで遊んじゃお~! 

道民の森からお借りした『木の砂場(写真)』、木工作家の方が作った『木の魚釣り』、月形町で掘り出された『粘土』が、“ちらいおつ遊び塾”にやって来ました。

子どもたちは、それらを見るなり駆け寄ってあっという間に遊びに夢中。

『木の砂場』に入った子どもたちからは、「ア~、気持ちいい~」
どうやら、足の裏のツボが程よく刺激されている様子。
やがて、「イテ、イテテテ~」
さすがに若くてやわらかい足の裏には刺激が強すぎたようですね。

『木の魚釣り』は、池に見立てた円形の中に魚が。
周りに8本の竿が置いてあり、魚をねらって釣り糸を垂れます。
釣り針に引っかかるようにねらってねらって・・・。

木のぬくもりと香りを体一杯に感じながら遊ぶことが出来ました。

『粘土』はずっしり重くて、少々力を込めて握らなければなりません。
なかなかの手応えは、大地からのメッセージかも?

いずれのおもちゃも、自然からの贈りもの。
触れているだけで、子どもたちの内にある素晴らしいエネルギーが呼び覚まされていくようです。
本当に楽しい時間を持つことができました。
感謝です!!!

Read Users' Comments (0)