とびっきりおいしいおにぎり いっただきま~っす!!


岩見沢農業高等学校や“ちらいおつ遊び塾”で、実った稲を見たり触ったりするチャンスに恵まれた今年の秋でした。

お米と仲良くなった子どもたち・・・それなら!と、今度はおにぎり作りをすることにしました。

まず、お米をといで、ガス釜で炊きます。
いい匂いが漂ってきたら、コックさんの支度を始めます。
炊き立てのご飯にわかめを混ぜて、いよいよおにぎりの始まり始まり~。

ラップの上にご飯を乗せてもらったら、両手で優しく握ります。
「あれ?三角にならない」「車の形が出来た!」など、それぞれがねらった形を目指して握りました。

出来上がったおにぎりを、早速みんなで「いただきま~す!」
おやおや??
いつもはなかなか食の進まない人が、モリモリ食べている・・・
あれっ?もう食べ終わったの?・・・
ご飯、あまり好きじゃないって聞いてたけど、ホントは食べられるんだね!ほとんどの人が2個のおにぎりを完食したのでした。

自分が握ったおにぎりは、今迄食べたおにぎりの中で一番おいしかったことでしょう。
では、ここで子どもたちにインタビューしてみましょう。
教師「どんなお味でしたか?」
子 「とびっきりおいしい!!!」

Read Users' Comments (0)