2007夏のコンサートinてんし幼稚園

毎年恒例となりました夏のコンサートが、去る27日、てんし幼稚園にて開催されました。

生演奏ならではの音色と会場の雰囲気を子どもたちに味わってもらいたいとの願いから始まったコンサートも、今回で3回目となりました。

今年のコンサートでいつもの年と大きく違ったのが、演奏者に保護者のメンバーが加わったことです。と言いましても、メンバー6名のうち5名がお母さま方でした。

即日結成、即日解散のグループとは思えないほど、息もぴったり!!

子どもたちは、馴染みのある顔ぶれにちょっぴりくすぐったいような思いを抱きながらも、心のこもった演奏に耳を傾けてステキな時間を過ごしたのでした。

この日のプログラムは次の通り
1.星に願いを
2.天国と地獄 序曲
3.さんぽ

最後には、もう一度演奏をお願いして、3.の曲を子どもたちの歌入りで、2.の曲は子どもたちの手拍子や指揮棒を振るポーズで盛り上がりました。

演奏して下さったお母さま方には、心から感謝します。お疲れ様でした!

Read Users' Comments (0)

畑からの贈りもの、地球からの贈りもの


雨が上がってお日様が出てきました。子どもたちが長靴を履いて飛び出しました。待ちに待った“てんし幼稚園の畑”での芋ほり開始です。

すっかり枯れた茎を引っ張り手で土を掘って、中からお芋が出てくる度に子どもたちは歓声を上げます。
「見て見て、これ!こんなに大きいの」「ホントだ」「こっちの、こんなにちっちゃいの」・・・
まだ隠れてるかもしれないと、子どもたちは瞳をキラキラさせながら宝探しでもしているかのように、せっせと土を掘ります。

やがて、次第に踏み固められた畑の土に歯がたたなくなってきた頃、「そうだ!」と砂場のスコップを持って来て掘り続ける子どもたち。
こうして、畑のお芋はすっかり掘り起こされたのでした。

芋ほりを終えた子どもたちからは、「肉じゃがなんかいいんじゃない?」「ん~とね、バターつけて食べるのがいい」「カレーとかもいいよ」・・・
等と、おいしく変身した芋のことを想像力豊かにイメージしていました。

今年も収穫できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
畑にありがとう!地球にありがとう!神様にありがとう!

Read Users' Comments (0)

再び、残暑お見舞い申し上げます!

 お盆をそれぞれにお過ごしのことと思います。
あるいは、戦争と平和について考える記念日としている方々もいらっしゃることでしょう。

このごろの猛暑に『夏バテ気味・・・』という人はいませんか?
いくら短い北の夏を満喫するとはいえ、少々辟易する暑さですものね。
くれぐれもお体御自愛下さい。

一方で、草むらから聞こえるにぎやかな虫の音や風の中に、“秋”を感じられるようになりました。
暑い一日の終わりに、親子でちょっと星空を見上げて秋風を感じるのも良いかもしれませんね。

※写真は、岩見沢郷土科学館内のプラネタリウムに行ったときのものです。子どもたちは、お星さま(星座)が大好きです。いつまでもきれいな星空を眺められる日本であることを願います。

Read Users' Comments (0)

残暑お見舞い申し上げます

 カラッとした北海道らしい夏の暑さはどこへやら・・・?の今日この頃ですが、夏休みの日々をいかがお過ごしですか。

水遊び、花火、虫捕り、夏野菜や冷たい食べ物、ラジオ体操、盆踊りなどなどで夏をうんと楽しんで、子どもたちにとっても家族にとってもステキな思い出がまた一つ増えるといいですね。

さて、園がお休みのこの時期は、研修会が目白押しです。
てんし幼稚園のスタッフも、現在、様々な研修会に参加中。

実技講習形式のものもあれば、講演形式のものもありますが、どれも子どもたちにとってより良い生活や遊びや関わり合いや環境となるように考え実践するための学びです。

勉強したことを早く生かしたいので、今から2学期が楽しみです。

Read Users' Comments (0)

親子わくわくらんど~夏休みの巻


Aコーナー『フィンガーペインティング』
Bコーナー『木工活動』
Cコーナー『どろんこ遊び』
Dコーナー『手作りシャボン玉』

「どのコーナーにしようかな・・・?」親子で行きたいコーナーを相談して決める、恒例の親子わくわくらんど。
今回は夏らしい遊びを満喫しようと4つのコーナーを設け、ワクワク期待でいっぱいの親子が集まりました。

「わあ~、久しぶり」「元気になったんだ、ヨカッタネ」「この間はありがとう」等などの声が飛び交い、嬉しい再会。
どのコーナーもにぎやかで、明るい声で溢れていました。中には、子どもより大人の方が張り切っている?という場面も・・・。

それぞれのコーナーで遊びを楽しんだ後は、カキ氷のおやつ。
削って山のようになった氷にみつをかけます。どの色にしようかな~?
芸術作品のようになったカキ氷を「いただきま~す!!」

長い夏休みの中の一日を、親子で選んだコーナーで遊ぶのもなかなか良いものなのです。

Read Users' Comments (0)